投稿

CANNONDALE SUPERSIX EVO Di2

image39

9月16日にお預かりしたREIJI君の自転車、9月29日にようやく完成し、納車することができました。
REIJI君のCANNONDALE SUPERSIX EVOのフレームは、Di2の内装用には対応していなかったので、仕方なく、内装用バッテリーがそのまま利用できるジャンクションBを兼ねたバッテリーホルダーをダウンチューブに付けることにしました。また、キャノンデールの高級ロードバイクはプレスフィットBB30を利用しています。そこで、前に付いていたプレスフィットBB30を外すために、たくさん調べましたが、叩いて取るしか今のところ、方法がないようです。ショップにある工具が古いので、新しい工具を購入して試しましたが、なかなか外れません。いろんな方法で試しましたが、最終的には、やはり叩いて取れたと聞きました。(実際は、店のスタッフが外しました。)予想していたよりも、バッテリホルダーが大きくて、見た目の問題もありますが、それでも、組み上げた時の実測は6.8kgですから、十分軽量化しました。元々、坂道も速いREIJI君ですから、今後、どれだけ速く走れるのか楽しみです。昨日の朝ライドまで自転車が間に合わなかったので、REIJI君が参加できませんでした。申し訳ありませんでした。次回の朝ライドには、皆さんに初お披露目となることでしょう。

2019年09月30日

次回の初心者ライドは10月20日です

9月15日の鬼ケ城ライドには、10名(後藤さんは川前駅まで)で楽しく、走ることができました。天気も素晴らしく、絶好のサイクリング日和でした。久しぶりに、ルカさん、JON君、REIJI君、しゅん君、後藤さん、虎さんとサイクリング仲間もそろい、そこに、ヨシタク君、りょうま君、馬上君と新しい仲間も加わり、新鮮なライドになりました。坂道はやはり大変でしたが、鬼ケ城から見える景色は、スカイツリーと同じ高さなんだなと実感した次第です。次回は、ツールドいわきのミドルコースを試走しようと思います。参加できる方は、1週間前まで、申し込みください。

日時:10月20日(日)AM9時~PM3時 

集合場所:四倉道の駅  駐車場が利用できます。

コース:四倉道の駅(スタート9時)→海岸線を南下→産業道路→泉玉露のセブン(休憩)→湯本→内郷→好間のローソン(休憩)→平→神谷→草野→大野→四倉トマトランド(休憩)→四倉市内→海岸線を北上→四倉道の駅(昼食後解散)

距離:約72km

2019年09月30日

NEW MODEL ALLUMER DISC

image40

9月22日の展示・試乗会には、たくさんの皆様にお越しいただきありがとうございました。皆様からお寄せいただいた声をもとに、さらにできるところは改善していけるように私も伝えていきます。

本日はBOMA「ALLUMER DISC」をご紹介します。写真で見ると、エメラルドグリーンのような色をしていますが、光の当たり具合で、色が変化します。来週、フレームを入荷予定ですので、ご覧になりたい方は、ショップまでいらしてください。
特徴 
最大32Cのタイヤまで装着可能、BB86PF、フレーム素材T700/HM、メカニカル及びDi2対応
フレーム価格 19万円(税抜き)

 

 

2019年09月30日

 

トップページを飾る赤いクロモリの自転車

10年前に父が乗っていた自転車を譲り受け、乗り始めたのが、私の自転車生活の始まりです。

半日、時には、一日かけてサイクリングの楽しみにはまりました。

ホームページを作ろうと思ったきっかけは、「自分が知っている自転車の楽しさを伝えられたら、誰かの役に立つかな」と・・・

これが始まりでした。

今は、自分のサイクリング仲間を含め、当店購入のお客様だけでなく、スポーツバイクを愛する多くの皆様から情報を集めて、公開していけば、き

っと、多くの人が、このホームページを訪れ、参考にしてくれるのではないかなと思うようになりました。

 

スポーツバイク購入時、安全で、正しい乗り方や取り扱い方について、どの専門店でも、スタッフからていねいに説明を受けると思います。

しかし、短時間で、スタッフが、すべてを説明するのは難しいですし、


お客様にとっても、一度に多くの情報を受け止め、理解するのは大変だと思っています


そこで、自転車を乗る上で、必要と思われる情報を載せてありますので、これから買われる方や自転車を買われた方の参考にしていただけ

ればと思います。(メーカーの取扱説明書も必ず見てくださいね。


上の動画や写真は、1泊2日で、お客様と檜原湖・猪苗代湖などをサイクリングしてきたときのものです。

大自然の景色に圧倒されました

日常生活から離れて、景色を楽しむのも、自転車の楽しみ方の一つです。

仲間とサイクリング大会やイベント、ショップのライドに参加するのも楽しい思い出になります。

のんびりサイクリングするのもいいですね。

ちょっとした修理やメンテナンスができるようになれば、さらに自転車の楽しさが広がります。

自転車をこれから買おうと考えている人

自転車を買って間もない人

買ったけど乗らなくなってしまった人

そんな方々に見ていただければ、自転車の楽しみ方を知り、楽しく自転車に乗っていただけるきっかけになるかと思います。

そして、スポーツバイクを長く乗り続けてほしいと願っています