CANNONDALE SUPERSIX EVO Di2

9月16日にお預かりしたREIJI君の自転車、9月29日にようやく完成し、納車することができました。
REIJI君のCANNONDALE SUPERSIX EVOのフレームは、Di2の内装用には対応していなかったので、仕方なく、内装用バッテリーがそのまま利用できるジャンクションBを兼ねたバッテリーホルダーをダウンチューブに付けることにしました。また、キャノンデールの高級ロードバイクはプレスフィットBB30を利用しています。そこで、前に付いていたプレスフィットBB30を外すために、たくさん調べましたが、叩いて取るしか今のところ、方法がないようです。ショップにある工具が古いので、新しい工具を購入して試しましたが、なかなか外れません。いろんな方法で試しましたが、最終的には、やはり叩いて取れたと聞きました。(実際は、店のスタッフが外しました。)予想していたよりも、バッテリホルダーが大きくて、見た目の問題もありますが、それでも、組み上げた時の実測は6.8kgですから、十分軽量化しました。元々、坂道も速いREIJI君ですから、今後、どれだけ速く走れるのか楽しみです。昨日の朝ライドまで自転車が間に合わなかったので、REIJI君が参加できませんでした。申し訳ありませんでした。次回の朝ライドには、皆さんに初お披露目となることでしょう。

2019年09月30日